葬儀に必要な喪主

大切な家族を失ったとき、遺族は落胆をするものですが、その気持ちを乗り越えて葬儀の用意をしていかなくてはなりません。葬儀の準備をするにあたっては葬儀を取り仕切る喪主を決める必要があります。喪主の役割は非常に大きなもので、親族を代表して葬儀全体の責任者として位置づけられることになります。喪主は葬儀の間、常に故人につきそい、弔問を受けなくてはなりません。更にはその後の法事を取り仕切る施主になることも求められます。そのため、長時間故人の供養を行うことが可能な方を選ぶ必要になります。

喪主を決めるにあたっては、故人と一番縁が深い方から選ぶのが一般的です。例えば子供が喪主を務めることが一般的です。故人があらかじめ喪主を指名していた場合にはそれに従うようにするといいでしょう。喪主は該当者がいない場合には、必ずしも親族である必要はありません。故人と生前ゆかりのある方にお願いする場合も考えられます。いざというときに慌てないように家族と話し合いをしておくと安心です。

喪主と合わせて世話役を決めておくことも必要です。世話役は喪主や遺族に代わって、葬儀の裏方業務を行います。会計・受付・進行・接待などをすることが求められます。故人の友人から世話役が選ばれることが一般的ですが、場合によっては会社や町内会でリーダーシップが取れる方にお願いすることも考えられます。世話役をお願いする場合には、かなり責任のある仕事をお願いすることになるので、喪主が遺族を代表して丁寧な挨拶をすることが求められます。