葬儀の段取り

最愛の家族がなくなった場合には、葬儀の用意をするために、遺体を葬式を行う場所に移動する必要があります。遺体の移動する場所は一般的には自宅ということになりますが、それが難しい場合には、斎場などに遺体を移動します。葬儀社に連絡をすると遺体を運搬する手続きを取ってもらうことができます。遺体は病院などから最短ルートで自宅や斎場に運んでもらうこともできますが、希望すれば故人ゆかりの場所を廻ってもらうこともできます。

遺体の運搬ルートは可能な限り対応をしてくれることも多いので、出来る限り相談をして自分たちの希望を述べるようにするといいでしょう。病院から遺体を運搬する際には、忘れずに死亡診断書を受け取る必要があります。同時に医療費の支払い方法についても相談しておくと良いでしょう。加えて、遺体の運搬車に同乗する方も決めておくとスムーズです。自宅に遺体を運搬する場合には自宅の準備も必要になります。遺体を安置するための寝具などの用意をし、枕飾りや枕花などの用意も行わなくてはなりません。

葬儀を行うにあたっては宗派の確認も必要です。それぞれの宗派によって葬儀の進め方が若干異なってくる場合があります。また、菩提寺がある場合には連絡をしてお坊さんに来ていただいて読経をしてもらうことも必要になります。お坊さんに来ていただいたら丁寧な対応で、挨拶をすることが必要ですし、同時にお坊さんへの費用についても丁寧な対応で確認しておくことが必要です。わからない点があれば葬儀社にサポートをお願いして、お坊さんに対して失礼の無いようにすることが肝要です。