葬儀の進め方

葬儀の進め方に一定のルールはありますが、ご遺族の意向を十分に尊重した形で葬儀を進めていくことも可能です。自分たちが希望する葬儀について葬儀社と相談してみるようにすると良いでしょう。また、わからないことは何でも葬儀社に問い合わせてみると良いです。葬式をすることは人生の間に数回ですので、ほとんどの人が葬式についてわからないことが多いはずです。そのため、トラブルを防ぐためにも、細かいことでも葬儀社にあらかじめ相談しておくようにすることがおすすめです。

まずは基本的な葬式の大枠を決めていくことから始めてみると良いでしょう。通夜と告別式の日程を決め、列席予定者の人数も決めてしまいます。お坊さんの手配も行い列席可能かどうかの確認もしなくてはなりません。また遠路はるばるやってくる方に対しては宿泊場所を決める必要もあります。さらには火葬場のスケジュールも抑えなくてはなりません。また、列席予定者に対しては訃報の通知を作成して連絡をすることも必要です。いろいろなことを決めていかなくてはならないので、漏れが無いようにして、適宜葬儀社の方に確認してもらうようにすると良いでしょう。

列席予定者への訃報通知の文面などに困った場合には同様に相談してみると良いでしょう。一般的な文例を提示してもらえるはずなので、それに合わせて文面を作成することができ、スムーズに葬式の準備を進めていくことが可能になります。葬式に必要な費用についてもきちんと打ち合わせをしておくことが必要です。葬式を行う際に必要になってくる遺影の写真を選んだり、弔辞を読んでもらう方を選ぶこともあらかじめやっておく方が良いでしょう。